春麗vsハン・ジュリ(3)

春麗vsジュリ、その3です。 ジュリと春麗の勝負はまだまだ続き… 

 

 

春麗の推定96cmバストとジュリの推定105cmバストが正面から密着し、お互いに乳房を押し潰そうとする乳相撲が始まる
春麗もジュリの爆乳は分かっていて乳相撲を挑んだだけあって、この乳相撲も春麗なりの相応の狙いがあり、それはまず、ジュリのバストと正面から密着した時点でそれを示していった。

「フン!フン!この鍛えた張りのあるバストと…フンッ!このミッチリと引き締まった太ももの力で…貴女をひねり潰してあげるわ!」

春麗の太ももが生み出す馬力で身体を前に出し、そしてジュリの爆乳にも負けるまい、と突き出したバストが下半身の力からに支えられてジュリのバストを押し込み、コーナーへと追い詰めていく。

「ほら、ジュリ、もう後がないわよ!このまま私の身体でペチャンコにしてあげるわ!」

「はっ、言うじゃないか…でもなぁ…」

ジュリは春麗の勝ち誇る言葉に怒りを見せるかと思いきや、余裕の笑みを浮かべて春麗を見つめ返すと、春麗の巨乳が密着している爆乳を突きだし返す。春麗はもちろんそれを押し返そうとするが、ジュリが突き出した爆乳はパツンパツンの張りに満ちあふれていて、その張りとサイズのアドバンテージによって春麗の巨乳を押し返す。踏ん張ろうとする春麗は下半身に力を入れて後ろに下がるまい、とするが上半身はジュリの爆乳が押し込んでくるため否応なしに上体が仰け反った状態になってしまう。

「そんなに仰け反ってアタシのオッパイを支えきれるかな?」

「な、何をっ!ふっ!くっ!」

ジュリの言葉に春麗はこれでもか、と胸を突き出して押し返そうとするがジュリの爆乳はびくともせず仰け反った春麗の乳房の上にのしかかるようになる。余裕の笑みを浮かべたままのジュリは突き出した爆乳が春麗の乳房の上に乗った状態から軽く背を反らせてまず仰け反って突き出された形の春麗の股間に己の股間をぶつけ、さらに反動で爆乳を一気に振り下ろして春麗の巨乳に上から叩きつけてバストハンマーを浴びせる。

「ほら、バストハンマーっていうのはこういうやつなんだよ!」

肉が肉を打つ音とともに、春麗の尻がリングを打ち、ジュリが春麗を見下ろす。ジュリの圧倒的な乳重に仰け反った状態の春麗は踏ん張りきれずバストハンマーで叩き落とされてしまったのだ。

「くっ、や、やってくれたわね!」

尻餅を着いた春麗がジュリを睨みつけて視界に映ったのは突き出されるジュリのヒップで、気功で張りとサイズの増した巨尻が春麗の顔に襲いかかる。

「はん、今のなんてやったうちに入らないぜ?」

ジュリは春麗に嘯きながらヒップアタックを春麗の顔面に叩き込んで尻餅を付いた春麗を仰向けにダウンさせてしまう。

「くっ…そうそう思い通りには…いかないわよ!」

ジュリがさらに仰向けになった春麗の顔面目掛けてヒップを叩き落としてフェイスシッティングを決めようとするところで春麗は両足を振り上げてジュリのフェイスシットが決まる前に逆立ち状になってジュリの首を両足で挟み込み、そのまま引き倒して半回転して逆にジュリを仰向けにして自分はリングに膝立ちになってジュリの顔を跨ぐ。

「チッ!小癪な真似をする…んぐ!」

春麗にフェイスシットを決めようとしたジュリが姿勢を入れ替えられ、憎々しげに吐き捨てた言葉が途中で止まる。それもそのはず、反撃に転じた春麗が膝立ちでジュリを組み敷いた姿勢から素早く腰を落とし、ジュリの顔を自慢のヒップで下敷きにしたのだ。

「フフン、これならやったうちに入るかしら?どう、格闘女王のフェイスシッティングは…」
「んぐ!んぐぐ!」

春麗はジュリの足の方を向いた姿勢でフェイスシッティングを決めており、ジュリが足で反撃してきてもすぐに対応できるよう警戒しつつ、腰をズッシリと落としてジュリの顔を己のヒップで覆い尽くしていく。

「フフ、ジュリ、貴女も不知火舞と同じように私のヒップで圧殺してあげる…覚悟しなさい!」

春麗はジュリの腰の脇に手をついて身体を支え己のヒップを僅かに浮かせては落とし、さらには肩と膝を支点にして腰を自在に動かし、ジュリの顔に己の股間を幾度となく擦りつけジュリの鼻と口を己の股間に埋もれさせて密着させ、舞を圧倒したデカ尻でジュリの顔をピンホールドして押し潰していく。

「ジュリ、貴女の顔、舞の顔以上に私の股間にフィットするわ!」

春麗はさらに声を激しくしながらジュリの顔に股間を密着させてその感触を貪っていく。春麗はこのままフェイスシットでジュリのスタミナを奪い尽くし、ジュリの肉体を蹂躙してドミネートしてやろうと目論み、ジュリのバストハンマーにやられた仕返しをしてやろうと狙う。

「んむぅぅ!んぐぅぅぅ!!!」

春麗のヒップの下からは苦しげなジュリのうめき声が僅かに漏れ聞こえ、ジュリも不知火舞と同じように春麗のフェイスシッティングによって風前の灯火と成り果てたかに思い、春麗も身体の向きを換えて舞と同じように鼻を股間の割れ目で封じ、口をお尻で覆い尽くしてKOしようか、とさえ考えたところ…

ガバァァッッッ!!!ガシィィィ!!!

春麗の意識が姿勢を入れ替えることに向かった瞬間、ジュリの両足が大きく振り上げられ、春麗の顔に襲いかかる。どこにこれだけの力が残っていたのか、と思うほどの動きでジュリのスラリとした太ももが春麗の頭を挟み込む。春麗はジュリに引き倒されまいとして身体を反らして踏ん張ろうとするが、ジュリは引き倒すのではなく太ももで挟み込んだ春麗の顔を支点にして浮き足だった春麗のフェイスシッティングから顔を引き抜いてそのまま素早く春麗と距離を取る。

「くっ、隙を見せてしまったようね…」

フェイスシッティングでKO寸前まで追い詰めたと思う春麗は悔しげな色をにじませながらも己の油断が招いたことで、実力では自分が上、と言外に匂わせる。

「あん、隙?フフフ、バカだなぁ、オマエ…アタシが返さなかったからフェイスシットを決められたことが分かってないのか?」

ジュリは春麗の言葉を蔑むように言い返すと向き合った春麗に両手を頭の後ろで組んでスタイルを見せつけるポーズを取りながら不敵な笑みを口元に浮かべる。

「アタシが何でオマエのフェイスシットを受けてやったか…その理由を教えてやるよ」

そういいながら間合いを詰めるジュリに対し春麗は得体の知れないものを感じてゾクリとしながら同じように頭の後ろで手を組んで張りのある巨乳を突き出して身構える。

「ふん、理由?そんなもの返せなかっただけでしょう!」

「アハハ、アタシが返したら、あんなに簡単に振り解けたのにか?」

春麗は間合いを詰めてくるジュリの左眼が怪しく光を発していることに気が付くが、そのことに考えを進める前に、目の前に来たジュリがバストを突き出してバストアタックを仕掛けてくるのに対し春麗も胸を突き出して迎え撃つ。

「そんなバストアタックなんか!」

互いに胸を密着させれば先ほどのように押し倒されかねないが、ジュリもさして勢いが付いていない状態のバストアタックに負けるものか、と胸を突き出したが…

ボボボボイィィィ~~~~ンンン!!!

春麗の突き出したバストはジュリのバストを打ち返すのではなく、組み合うことさえなく、突き出して叩きつけた時の倍以上の衝撃で弾き飛ばされてしまう。想定外のことに尻餅を付いた春麗は何が起きたか分からず、試合中にもかかわらず呆けた表情を浮かべてしまう。

「な、何、今の…?」

ジュリは春麗と間合いを取り、春麗が呆気にとられながらロープを使って立ち上がる姿を、見つめている。

「フフフ、オマエもアタシの風水エンジンを見てたってのに…いや、風水エンジンばかりに気を取られていたからか?」

こっちを見ろ、とばかりに身体を軽く揺すって胸を揺さぶって見せる。

「うっ…うぅ!」

嘘、と言いかけて言葉を飲み込んだ春麗だが風水エンジンから外れた視線は立った今揺さぶって見せつけられたジュリのバストに釘付け…

「ふふん、折角のオマエの内気功だが、アタシには心地よい外気功だったぜ」

ここまで言われてようやく春麗もフェイスシッティングを受けたジュリの反撃が鈍かった理由を悟る。ジュリは春麗の身体から迸る内気功を風水エンジンに取り込むために春麗のヒップの餌食になって圧殺されるという危険を犯してフェイスシッティングを受けたのだった。そして春麗の濃密な気はジュリの風水エンジンに取り込まれてジュリの肉体を巡った結果…

「な、なんてデカパイ!?」

取り込んだ春麗の気を風水エンジンによって練り上げ、気功闘法により強化されたジュリのバストはさらに一回り以上も大きくなっており推定115~120cmという巨大バストになっていたのだ。

「アハハ、こればっかりは礼を言うぜ…オマエの内気功は極上だって認めてやるよ」
「その礼として、この爆乳ボディの力を見せてやるぜ!」

ジュリは両手を腰に当てて腰の細さを強調しながら、その細腰には不釣り合いとしか言いようがない巨大なバストをゆさり、ゆさり、と揺らしながら春麗に迫っていく。歴戦の春麗でもジュリのバストは初めてみるほどの大きさであり、その超弩級の迫力に息を呑むがいざ触れるか否か、というところまでジュリが迫ってきたところで顔に掛かったジュリの吐息の熱さに意識を引き戻す。

「フン、いいわ、見せてもらおうじゃない…私の内気功を勝手に使ったツケは高く付くわよ!」

気を取り戻した春麗は目の前に迫ったジュリを睨みつけると、ここから仕切り直しだ、とばかりにジュリに向かってバストを突き出して再びバスト同士を密着させる。ジュリは、推定115cm以上の巨大バストに向かって推定95cmの巨乳を押し付けてきた春麗を極上の獲物を見つめる瞳で見つめる。

「フフン、高く付くのはどっちだろうなぁ?」

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。